FC2ブログ

Entries

働き、遊ぶ!

3月も終わり。染井吉野も気がつけば葉を繁らせ始め、畦にはたくさんのつくしが背比べするように育ち、草刈りも徐々に始めだしました。畑やハウスでは、春夏やさいの準備が緩やかに進んでいます。エイト&レイジも無事修了式を終え、毎日、とーちゃんの後を追いかけながら、畑の仕事を手伝ってくれています。

20170330a

種蒔き。点蒔き。2、3粒の種をまとめて蒔いていきます。これはビーツ。固定種。

20170330b

ばら蒔き。ざっくりと種を散らしながら蒔いていきます。こちらはコリアンダー。固定種。

20170330c

蒔いた後は、丁寧に土を被せていきます。

20170330d

20170330d2

種を入れものからこぼさないように、慎重に作業するエイト。ガンガン土をのせていく、レイジ。こちらはまめったい農園で自家採取した、コリアンダーの種。2人協力しながらの作業、いい感じです。

20170330e

種蒔きの後は、水をあげます。

20170330f

種によって、不織布で覆います。寒さや乾燥から守ってくれます。これはにんじん。

20170330g

20170330g2

ハウス内の苗の水やり。しっかり、水がポットの底から染み出すのを確認しています。


エイト&レイジはこんなことも手伝ってくれます。耕運機や管理機をダンプに載せ運ぶとき、転倒を防ぐため使うラッシングベルト。それを上手に締めてくれます。しっかり足をタイヤにかけています。どこでも登れる!

20170330h

20170330h2

それを運んで、とーちゃんが畝立てします。その畑の石を拾います。石は重い!けど、頑張ってくれました。

20170330i


仕事の後はお風呂!温泉だから、じっくり体も休みます。

20170330j


春休みということで、久しぶりにエイトの小学校の先輩、ハヤトくんも遊びにきてくれました。中学生になって、部活やダンスなど忙しい日々を送っているようです。お仕事、手伝ってくれました。

20170330k

20170330k2

畝立てした畝に、馬フンを撒いていきます。栄養としてだけでなく、不織布のように寒さや乾燥、そして草から守ってくれます。

20170330l

そして定植。ブロッコーリーのドシコ。固定種。今回、初挑戦。ブロッコリーを春という季節に育てるのも、初めて。虫に負けないといいなぁ。

20170330m

ハウスでの種蒔き。これはとうもろこし。


仕事の後はご飯!お昼ご飯を食べてから、じゃれ合っています。

20170330n


ご飯の後は、川遊び!

20170330o

20170330o2

網を持って、大物狙い。でも取れたのは、小さなめだか。

20170330o3

20170330o4

山水が流れ落ちる小さなダムのところでは、カワニナという蛍が食べる巻貝を見つけました。今年も、また蛍を楽しめそうです。

翌日。1泊したハヤトくん、朝からまたお手伝いしてくれました。

20170330p

20170330p2

腐葉土の切り返し。ぼかし肥料を作っています。糠など追加しながら、返す作業はなかなか力がいります。たいしたものだ!

20170330p3

20170330p4

と思っていたら、いつの間にか相撲をとっています。

20170330p5

そして、いつも通り、途中でレイジは退散。

20170330p6

20170330p7

おにいちゃん組が、最後までがんばりました。


その後は、ベイブレード!

20170330q

レイジがとてもはまっているので、おにいちゃん組が付き合ってくれてました。ハヤトくん、お手伝いありがとう!エイト&レイジと遊んでくれてありがとう!また遊びに来てね。


3月19、20日、モンベルクラブ・フレンドフェア2017横浜に、出店してきました。

20170330r

20170330r2

この時季はやさいが揃わないので、なかなか大変なのですが、クレソンやセリなど、ちょうど新芽が育ち始めたものや、数は少なかったのですがにんじん、大根、キャベツ、そしこの冬はじめてハウスで育ててみたサラダミックスなど、お届けしました。前回は4月に入ってからのフェアだったので、タケノコやタラの芽、ニューサマーオレンジなども用意できたのですが、今年は断念。今、採りたい!と願って、山にも何度かでかけたのですが、季節の流れの中で育つ旬のもの、育っていないものは、採れません。そればっかりはどうにもならないなぁ、でも、それが畑で育てているやさいも含め、私たちまめったい農園のやり方だしなぁ、と改めて思った次第。大きな大きな自然に抱かれての農業。それが私たちが目指しているところ。その上、今年は獣害がひどく、旬のものの被害も多いようです。

20170330s

20170330s2

でも、エイト&レイジはエンジョイしました。


そんな2人は、また「SASUKE」にはまりました。

20170330t

20170330t2

20170330t3

古民家版、ウルトラクレイジークリフハンガー。出場する挑戦者たちのように、指だけでぶら下がれるんだぁ、とちょっとびっくり。

20170330t4

でも、頭をサーフボートにぶつけて、レイジは撃沈。


そんな2人の今年の作品。

20170330u

エイト作うさぎ。

20170330u2

パチンコ。色の美しいこと!

20170330u5

レイジ作レイジ。レイジは髪を切ることが嫌い。そうかぁ、こんな風に前髪キープしたかったんだぁと納得。時代を超えて、こんな髪型がかっこいいなぁと思う頃があるんだなぁ、それも、なんだか面白いです。

20170330u3

楽しそうな魚たち。

20170330u4

そして、すごーくにがんばって制作した、紙版画。翼の細かな表現。途中「ずこう、おわらないないんだよぉ・・・」とつぶやいて、くじけそうになっていたけれども、何とかやりきったようです。画鋲で刺して飾ったら、「穴、空けないで」とレイジに叱られました。自分でもとて気に入っている作品みたい。

20170330u7

そしてこれは1年生ではじめて描いた作品。教室の後ろに、みんなの「太陽」と一緒に貼られていた絵。おおらか。しっかり色も塗り込んで、力強くもあって、そんな太陽を心に持って、1年生を楽しんで欲しいなぁ、と初めての授業参観の時、願ったこと、思い出しました。その心は、保育園の3年間で育まれたもの。もっともっと、育っていって欲しい心。


20170330v

お手伝いに、遊びに、毎日大忙しなエイト&レイジ。日暮れまで、チャンバラ?してます。

スポンサーサイト

伊豆観光!

隣町の河津桜まつりも終わり、こちらでは数少ない染井吉野が、卒業式を待たずに花開いてしまうような、そんな暖かめの3月を迎えています。耳をすませば、山々から鶯の鳴き声も聞こえ、春の訪れの兆しをたくさん感じる日々。


さて、もう1月ほど前!のことになっていしまうのですが、2月の半ば、かーちゃんの学生時代の友だち、ナスカ&ラビットが昨秋に引き続き、「味噌を作りましょう!」と大豆と麹と塩と鍋と壺と、その他諸々を抱えて、家族1泊で、遊びにきてくれました。今回はリョウくんはお留守番でしたが、ケイタくんとフウシくんがやってきて、それはそれは目覚ましい活躍!を、再び見せてくれました。

とにかく、体の良く動く家族。大豆が煮えるまで、ジャガイモの親芋の植えつけを手伝ってくれました。

20170310a

フウシくんが穴を掘って、ケイタくんが芋を植えていきます。

20170310c3

エイトはせっせ、せっせと、大きな種芋を半分に切ってくれています。切り口には灰をつけます。包丁を使うので、ラビットが見てくれています。レイジも切り始めました。

20170310c2

20170310c

そして、再び植え付け。

20170310b


その後は、しばしの試食タイム!

20170310d

茎ブロッコリーを食べたり、

20170310d2

20170310d3

コールラビを食べたり。やさい好きな少年たちはありがたい!です。あ、ラビットも!大人も然り、です。


そして昼ごはん。こちらはキッチン組。

20170310e

エイトはフウシくんに、包丁研ぎを教わりました。こちらは暖炉組。

20170310e2

漫画を読むケイタくんとレイジ。レイジは絵、見てるだけですが、厚い本を読んでるふうな風貌がなかなか立派です。


昼ごはんの後は、大豆がいい具合に茹だったので、味噌作り!師匠は見切れちゃっていますが、左端のフウシくん。

20170310f

ちょうどレイジの保育園時代のお友だち、ミズキちゃんとミズキパパも遊びに来て、味噌作りを体験します。こちらも見切れちゃていますが左端上の「なるほどぉ、潰したら塩と麹で混ぜるのかぁ」と言いたげに膝に手を置いているのが、ミズキパパ。

20170310f3

まとまってきたら、空気抜くため、お団子にして、壺に投げ入れます。

20170310g

20170310g2

ミズキちゃんもお手伝い。

20170310g3

そして、表面を平らにしたら、ぐるぐるとラップで密封。

20170310h

このまま、置いておけばいいらしいです。「簡単でしょ!ぜひ、これから作ってみてね。おいしいから」とラビット。大豆もいつか栽培したいものです。


さて、翌朝。ラビット家も早寝早起き。朝4時に起床して、魚釣りに海へ向かいました。釣り好きな畑の大家さんにポイントを聞いて、

20170310i

20170310i2

でも釣れず。親切な!大家さんは心配してやってきて、一匹も釣れない子どもたちに「南伊豆の石廊崎、綺麗だよ、行くかい?」と誘ってください、観光案内までしてくださいました。実は、私たちもまだ行ったことがなかったので、嬉しい遠出になりました。

石廊崎に向かう途中で、ユウスゲ公園にも寄りました。

20170310j

この絶景!お天気にも恵まれ、本当にラッキー!

20170310j2

20170310j3

ハッピーベルも鳴らし、石廊崎へ。展望スポットに向かって、坂をぐんぐん登っていきます。そして、この絶景!

20170310k

20170310k2

この辺りは、魚釣りスポットもたくさんあるらしく、そんなことも含め、大家さんがいろいろ教えてくれます。 この地で育った大家さんの話を聞きながらの旅路は、景色が生き生きとしてきて、ますます美しく、そして、楽しい!

20170310k3

展望スポットには、縁結びの神様である熊野神社。

20170310l

そして岩場の面白いこと!

20170310i3

と、思っていたら、

20170310m

20170310m2

ケイタくんとフウシくんが、岩場にスルスル降りて、探検しています。レイジも参加。

20170310m3

見えますか?小さな点になっている、子どもたち。

20170310m4

20170310m5

大満足!で戻ってきました。大家さん、すてきな時間をありがとうございました!


釣れるはずのお魚が釣れなかったので、購入して、さぁ、お昼はフウシくんの出番です。前回、我が家にはお好みの包丁がなかったので、自分の包丁を持ってきて、調理してくれました。レイジは弟子入り。こういう細かなことが、レイジは得意。丁寧に教えてくれる、フウシくんに感心しました。

20170310n3

20170310n2

エイトも興味あり!ぜひ、2人とも学んで欲しい!期待してます。

20170310n4


その後は、腐葉土集め。

20170310o

20170310o2

末っ子は、木の上で何やら楽しそうに話しています。


日が暮れるまで、お手伝いしてくれて、

20170310p

河津の桜まつりをちょっとだけ覗いて、帰宅しました。

20170310q2

エイト&レイジは道中で撃沈。熟睡で集合写真に入れず。さよならも言えなくてごめんなさい。でも、充実した2日間、本当にありがとうございました。また来てね!


さて、まめったい農園のはなし。3月、まめったい農園では、春夏やさいの準備が本格化。畑の土作り、畝立て、畑での種蒔き、ハウスでのセルやポットへの種蒔き、芽吹き出した苗のポット上げなど、コツコツ、作業は進んでいます。今年は、ちびまめ部隊エイト&レイジも、種蒔きに積極的に参加。とても助かっています。

20170311a

黒土と赤土と草木灰を混ぜて、セルに入れて、

20170311b

表面を均(なら)して

20170311c

種を蒔きます。

20170311d

20170311d2

セルに、日付とやさいの名前を書いて、

20170311e

水をやります。


こちらは別日。丁寧に、ふるいで土を細かくしています。

20170311f

均して種を蒔くのは、同じ。

20170311h

20170311i

20170311j



こちらは腐葉土作り。

20170311k

山から運んできた、腐葉土の入った袋の口の紐をほどいて、

20170311l

中身を出して、

20170311m

20170311n

20170311o

まめったい農園産!の糠やもみ殻、お豆腐やさんの後輩からいただいた、地元二子玉川産のおからなどと、一緒に混ぜます。

20170311p

ご苦労様!


来年に向けての、薪の用意もしています。材木を下すのも手伝えます!

20170311r


そして、今年は新しい試みで、牡蠣殻の肥料作りもしてみました。どうしても、ほうれん草がうまく育たず、カルシウムが足りないのはわかっていたのだけれども、石灰を入れることを躊躇していたのです。でも市販のカキ殻は高価!知り合いの漁師さんに相談したところ、「たくさんあるよ」と分けていただけることに。

20170311s

いただいた貝殻。アワビやサザエの殻も。なんて贅沢な!

20170311t

これを火で焼いて、

20170311u

取り出して

20170311v

砕いて、

20170311w

20170311x

砕いて、粉状に。これを土に混ぜて、ほうれん草を近々蒔く予定。育つといいなぁ。


育苗はなかなか好調!

20170311z

手前からひもとうがらし、紫とうがらし、南部大長南蛮。

20170311z2

日本絹鞘豌豆。

20170311z3

こちらはブロッコリー。ドシコといいます。昨年、とーちゃんが頑張って建てたハウスの力は偉大。


そして、週末。お店のじぃじから、解体の仕事で材木が出るよ、との連絡。とーちゃんとエイト&レイジもお手伝いに。

20170311y

解体好きなエイト。やってます。


あっという間の一日

お客さまがたくさん来てくれた、この秋。10月の半ばには、かーちゃんの学生時代の友だち、ラウとナスカ&ラビットも、家族であそびに来てくれました。20年ぶり。ラウ家は旦那さんのオオクボさん、中学生のユキノリくん、小学生のアヤナちゃん、幼稚園児のタダノリくん。ナスカ&ラビット家は高校生のリョウくん、小学生のフウシくん。偶然にも、アヤナちゃんとフウシくんが、エイトと同じ4年生。みんな、親になっていて、集まると子どもがいっぱいいて、なんだか不思議な気分。


アヤナちゃん、タダノリくん、フウシくんが川遊びしている間に、リョウくんは薪割りしてくれました。

20161030a3

とーちゃんが少し指導して

20161030a1

20161030a2

お見事!


海にも行きました。

20161030b1

波際で遊ぶアヤナちゃん、タダノリくん。タダノリくんは初・海。

20161030b2

フウシくん、リョウくん、ユキノリくんはサーフィンに挑戦。こちらはユキノリくんの出陣模様。

20161030b3

とーちゃんの畑の石拾いを手伝ってくれたラビットはこんな感じ。


あっという間の一日。帰る前に一緒に夕飯を食べようよ!という話になったとき、ナスカが、「フウシ、お魚卸せるよ」。そう、ならば、おいしいお刺し身食べれるじゃん!伊豆は、お魚が美味しい。まるごと買って、さばいてもらって、まめったいの新米と食べれば、それはもう、この上ないご馳走です。

男の台所。

20161030c1

ラビットが魚、卸せたんだ。ラビットのお父さんも卸せたらしい。カエルの子はカエル。カエルの孫もカエル。写っていませんが、リョウくんはお味噌汁とご飯炊きを担当。買ったお魚はむつ、めじな、あじ。フウシくんの意見を聞きながら、みんなで選んだお魚。エイトもレイジも興味津々。

20161030c2

20161030c3

だんだん近づいていくレイジ。「出刃ないんだ」とフウシくん、普通の包丁でがんばってくれました。恐るべき、凄腕4年生。

20161030d1

ラビットがレイジになめろうの作り方を伝授してくれています。

20161030d2

まだまだだけど、がんばっている1年生!

20161030e

エイトは横で、お味噌汁用の長ねぎ、切っています。きちんと、猫の手で切っています。ねぎはまめったい産!

ラビットはこのあと、皮を湯引きしておつまみな一品を作ってくれたり、血合いや頭を塩焼きしてくれたり。まるごと食べる感じが、すごく良い感じ。しかも、上げ膳据え膳な夕食。至福な食卓です。また、ぜひ遊びにきてね!待ってます。


10月も半ばを過ぎると、ぐっと畑の仕事が楽になります。毎日、青虫退治は欠かせませんが、草刈り生活からは脱し、それとともに日も短くなって、畑にいる時間も短くなります。その代わりに、追われていた日々にこぼれてしまった作業、ハウスや倉庫内の片付けや機械の手入れや修理などの時間が増えていきます。

夏のやさいは撤去。燃やします。草木の灰は畑の養分にもなります。殺虫効果もあるみたいです。そこを飛びこえる男。

20161030x1

20161030x2

20161030x3

倉庫を片付ければ、そこで見つけた霧吹きで、

20161030x4

20161030x5

戦闘が始まります。次はどこへ向かうのやら。

そんなこんなですが、きちんと

20161030y1

20161030y2

緑肥になる、れんげの種は蒔きました。今年は、稲を刈った後、耕さずに蒔いてみました。こんな風に蒔く農家さんもあるらしく、実験好きなとーちゃんは、早速、試した模様。まめったいのモットーは「失敗は成功のもと!」

レイジは一握りの種を、持ち帰って、

20161030y3

庭に花壇を作って、蒔いていました。うまく芽が出るといいね。


そんな緩やかな毎日に、エイトライフの充実の試みもなんとなくうまく進んでいます。そう、サーフィン。

伊豆に移住しようと決めた大きな理由は、きれいな海があったこと。波に乗るということは、とても気持ちの良いことです。ひとつも同じようにたつ波はなく、ひとつひとつの波を見極めながら、自分にあった波に乗る。失敗して、もまれることも多々。もまれると、死にそうにもなる。でも、うまくいくと、風になったような気分になります。本当にまだまだへたっぴな私には、そんな状況が、くるくると紙一重にやってきます。それだから、面白い!そして、波を待って揺られている時間は、自然に抱きかかられているような気分にもなります。きれいに澄んだ海の上、目の前には伸びやかな水平線、見上げれば大空、振り返れば、白い砂浜と緑の丘の樹々。まぁ、それは私の勝手な見解ですが。

そんな時間は、子どもたちにとってもたくさん学ぶべきことがあるんだと、思っています。まぁ、それも私の勝手な見解。でも、自然は偉大だし、容赦しない。こどもも賢くて、何度も海に通っていると、大きな波や、厚い波の日には沖まで出ていきません。エイトでさえも!

この時期は朝は6時ごろまで、夜は17時には、ぼんやり暗くなります。朝活は無理。そこで放課後に1日、休日に1日、海に行くことにしました。これは、放課後、まめちび部隊サーフィン部!の様子。

20161030f

20161030g

20161030h

4年生は6時間授業が多く、なので、帰宅途中、車で拾って、海に向かいます。入る前は寒いので、車の中で着替える2人。

ボードを下ろします。猿エイト参上。

20161030i

20161030j

大事なボードですから、とーちゃんが見ています。

20161030l

レイジは準備体操しています。

20161030m

自分たちでリーシュもつけられるようになりました。

20161030o

いざ、出陣。

20161030p

20161030q

放任主義のサーフィン。エイト&レイジは試行錯誤しながら、自分たちで、キャッキャ、キャッキャ、楽しそうです。教えたりもしたのですが、どうやら、こんな風に自分たちでやっていくのがいいみたい。

20161030r

沖に向かってパドリングして出ていき、

20161030s

ゆらゆら揺られたり、

20161030u1

20161030u2

20161030u3

ときには、テイクオフして立てたり、

20161030t

思いも寄らずにスープにシューっと運ばれたり、そんな中で、自分で波を選んだり、楽しむことを覚えていっています。大したものだなぁ。遠回りな方法かもしれないけれど、それだから、面白い、そんなことを感じられる力をもって、たくましく、自分らしく、成長してくれたらと思います。

20161030v

繰り返すことも、力。


さて、まめったい農園。今年はレインボーキウイが少しですが、皆さまにお届けできそうです。

20161030z1

これがそれ。3年目にして、やっといい感じの実がつき、今は熟すのを待っています。

パッケージしたサラダミックス。

20161030z2

オークリーフやレッドサラダボール、サニーレタス、マノアなどのレタス類やルッコラ、からし菜が育ち始め、様々な食感と食味を楽しめるものになっています。葉の形や色もいろいろあっていい感じ。

20161030z3

大根やかぶの出荷も始まりました。左から衛青(エイチン)大根、津田かぶ、黒大根、本紅赤丸かぶ、ちらりと見えているのが方領大根に和歌山大根。まめったいにも少し遅めの豊作の秋が訪れ始めています。

残りわずかな夏休み

夏休みもあと僅か。レイジの保育園の学童に毎日通っているエイト&レイジは、日々を満喫。「本を読んだり、遊んだり、作ったり、プール行ったり」しているそうです。宿題をやる時間もあって、エイト&レイジは、ドリルやプリントは早々と片付けてしまったようです。なんたって、先生方が優しい!たくさん褒められ励まされ、ガンガンやってしまった2人。本当に安心して、預ける場所があるのは、遠く親戚から離れて暮らす私たちにとって、この上なくありがたいです。エイト&レイジも、のびのび心地よく過ごせて、すごく嬉しそうです。もう、ただただ感謝しかない、この保育園に通ってよかった!と卒園しても心から思っています。

そうそう、宿題はまだ残ってます。が、まぁいいかなぁ、と思ってます。宿題、多すぎです。夏「休み」です。遊ばなくっちゃ。


お客さま、来ました。お店のじぃじとばぁば。ゆっくりしていただきたいのは、やまやまなのですが、夏は、助っ人になっていただいています。

20160826a

20160826b

草刈り。じぃじの草刈りはスーパーです。速いし、しっかり刈ってくださいます。ぼうぼう草が生えていたって、キーィンキーィンと入って行って、進んでいきます。

20160826c

20160826d

ばぁばは庭のお掃除をしてくださいました。エイト&レイジも一緒にお手伝い。ブロワをとーちゃんに貸してもらって大喜び。

20160826e

20160826f

20160826g


そのあとは魚釣り!川に着くまでに、木や、電柵や、あちらこちらに糸を絡ませながら進むエイト&レイジ。

20160826h

20160826i

でも、魚はかかりません。やっぱり。


ちょうど、お昼時からお友だちのムラタくんとチーズも遊びにきてくれました。

20160826j

エイト&レイジを誘って、お昼ご飯を作ってくれました。手作りタコス!

20160826k

20160826l

エイト&レイジはタコス初体験!食べ方を教わっています。まめったいのやさいも使ってのタコス。おいしい!楽しい!

20160826m


ムラタくんには草刈りもお手伝いしてもらいました。ムラタくんは小さな村で育ったそうで、草刈りはおてのもの。背も高いので、「届く範囲が広いんだよね、さっと一振りで刈っちゃう」と、とーちゃん。大変な斜面もあっという間に刈ってくれました。


そのあとも魚獲り!ムラタくん、チーズ、とーちゃん、じぃじが写ってないのが残念だけれども、今回はちいさなお魚、確保。

20160826n

20160826o

チーズは苗のポット上げを手伝ってくれました。突然入ったやさいの注文の収穫も、ムラタくん、チーズがが助けてくれて、あっという間に終了。ありがとうございました。今度はゆっくり!遊びに来てください。海、行きましょう!


台風の季節になりました。今度こそ上陸かもと、ハラハラした9号。

20160826r

20160826r2

20160826r3_2

エイト&レイジがハウスの窓をしめてくれました。ハウスが吹きとばされないように。そして台風も襲来。

20160826p

雨も強かったものの、畑はほんの少しの被害を受けただけですみました。

20160826p2

20160826p3

台風が去った後の畑、まだまだ上空の雲は流れています。畑のすぐ下の川もこんな感じ。

20160826p6

ナス。重い実をつけていたものが、倒れたり折れたりしていました。残念。

20160826p5

でも、シカクマメは無事。豆類は風に煽られると傷だらけになりやすいのですが、よかったぁ。


一難去って、また一難。再び、鹿が襲来!

20160826t

一番古くから借りていた畑。行くたびに、ナスがなくなっている感じだなぁ、小動物、来てるかなぁなんて思っていたら、見事に枝を食べられて初めてしまいました。これは鹿の仕業。

20160826t2

20160826t3

フンもたくさん。よく見たら、イノシシのフンまで、発見。こうなると、被害は広がる一方。夜な夜な、着だしている模様。四方を人家に囲われているのに!今年の被害は、ちょっと異常だなぁと思うくらい多いです。そこで電柵設置。

20160826u

20160826u2

人手が多いと仕事もはかどります。猫の手よりもずーっと役に立つエイト&レイジの手。ありがとうね。これで、秋冬やさいが安心して植えられます。


お仕事の後はサーフィン!

20160826v

20160826v2

20160826v3

20160826v5

20160826v4

川にて。

20160826v6

畑の横をこんな影が通り過ぎていく、日々です。

焚き火をすれば、

20160826w

20160826w2

怪しいクッキングタイムも始まります。

白熱したオリンピックの試合をみた2人は、卓球もします。なんて有意義な夏休み!

20160826x

20160826x2


エイト&とーちゃんの朝のサーフィンにレイジも参加しだし、かーちゃんも参加。今年は雨だの台風だの、で、あまり規則正しくたくさん朝練はできなかったけれども、これからも続けて欲しいなぁと思っています。なんたって、伊豆!海は、偉大で寛容で、危険でもあり、そして美しいです。たくさんのことを、からだ丸ごと、学べる場です。

さぁ、出発!

20160826y

20160826y2

果敢に沖にパドルして出て行くエイト。川サーフィン、生きています。

20160826y3

スープにうまく乗って大喜びの、レイジ。本当はこういう波打ち際が一番危ないのですが。

20160826y4



さぁ、稲刈りももう直ぐです。

20160826z

お腹いっぱいな金ぴかGW

ゴールデンウィーク。瞬く間に過ぎていった10日間。フェスティバルに参加したり、お店のじぃじ、ばぁば、そしてユフさんダイちゃん夫妻が入れ替わりに訪ねに来たり。その間に畑仕事あり、遠足あり、で、今日になっています。

今年はたけのこももって、昨年に引き続き、とーちゃんかーちゃんの地元である、東京・世田谷の二子玉川花みずきフェスティバルに出店しました。この時期になると、たけのこもそろそろ終わり。行くたびに大きくなる速度もアップしていきます。なので

20160508a

1週間ほど前には何もなかったはずの場所で、こんなたけのこに出会ったりします。

枯葉の中に隠れている、穂先の黄色いたけのこを探します。黄色いのは、土から出てきたばかりという証拠。柔らかく美味しいのです。いい感じのを見つけたら、掘ります。年々、とーちゃんも上手くなり、

20160508b

20160508d

数分で確保!ほんの少し頭が見えていただけのものでも、土の中にはこんなに隠れていました。皮を剥いて食するので、このくらいあっても、いいかなぁと思います。採りたては、茹で時間も料理の本などに書いてある時間より、ずっと短い時間で、茹であがります。アクもあまりありません。問題はお鍋があるかないか。でも半分に切って茹でても大丈夫です。

20160508e

そして、出店。この日は、テントが飛ばないかとヒヤヒヤするほどの風が吹き荒れ、でも、がんばりました。その後ろで、ちょうど私たちの卒業した小学校のこどもたちがサッカーの試合をする、というので、とーちゃんの後輩に頼んで、レイジも参加できることになりました。ちょうど1年生が足りなかったこともあったみたい。

20160508f1

20160508f2

同じ年の子と一緒にサッカーやるなんて、夢みたいな、ジーパン姿11番のレイジ。小さな学校では、1年生から6年生まで、混ざってチームを組みます。引っ込み思案気味のレイジも、サッカーだぁ、とぐんぐん中に入っていって、たくましく「こっちこっち!」と大声を出し、強く当たっていったので、びっくり。好きって扉を開かせるのです。すごい。


お店のじぃじ、ばぁばもまめったいに訪ねに来てくれました。せっかくの休日に大変申し訳ないと思いながら、草刈りや庭の手入れを手伝っていただきました。じぃじ、ばぁば、いつもいつもありがとうございます。そして、そのあと姉夫婦がやってきました。

そして、ダイちゃん(義兄)も草刈り、手伝ってくれました。

20160508g

20160508h

お疲れ様です。ありがとうございました。

その間、ユフさん(姉)は、

20160508j

花を摘んだり、

20160508l

お土産に持ってきてくれたシャボン玉をしたり、

20160508i

近くに泳いでいる(?!)鯉のぼりを見にいったり、

20160508k

20160508m

エイト&レイジとたくさん遊んでくれました。どうもありがとう!


そして、もちろん海にも。

20160508n0

さあ、出発!

20160508n

20160508o

20160508p

20160508q

磯遊びもし、

20160508r

着替え中に、遊びすぎて、家から持ってきた温泉のお湯に浸かって、撃沈しているレイジ。いい湯だものね。

20160508s


そして、夜はBBQ。知り合いの方から、伊豆ならではの、新鮮な海の幸を届けていただきました。

20160508t1

20160508t2

20160508t3

20160508t4

そのおいしかったこと!また、ぜひぜひ、まめったいに来てください。


田んぼ、代掻き(田に水を入れて、土を砕いてかきならす作業)を始めました。今週中に田植えをする予定。写真は代掻きの前にする、田起こし(収穫後や稲を植える前の乾いた田の土を掘り起こし、細かく砕く作業)の様子。緑肥のレンゲが種を付ける前にします。でも、あまりにも美しいので、「ちょっと躊躇しちゃうよね」と、とーちゃん。

20160508u

小麦もゆっくりですが、黄色くなってきています。

20160508v

玉ねぎの収穫も、始まりました。茎が倒れたものから、採っていきます。

20160508w1

20160508w2

こちらはクリムゾンクローバー。こちらも緑肥にするため、育てたもの。まめったいでは農薬や化学肥料を使わないので、こういう土の力をつけてくれるものを、どんどん利用し、豊かな土壌を育てていきたいと思っています。クローバーは繁殖力が強いので、こちらもそろそろ刈ります。

20160508x


ビニールハウスにヘビ、現れました。青大将なので、ほっ。毒をもっていないヘビだから、大きくても安全。でも、やっぱり不気味です。

20160508y1

20160508y2

とーちゃんが退治した蛇を持つエイト。エイトはこういうの、平気。レイジは死んでいても、持てません。

そうそう、ユフさんも鯉のぼりをエイト&レイジと見にいく途中で、蛇にであったそうです。

20160508z

こちらはヤマカガシ。まめったいのあたりにいるのは赤っぽいの多いのですが、こちらは危険!奥歯に毒牙があり、血清があまりないため、噛まれたら大変。その毒もマムシの3倍!といわれるほど。ただ、マムシと違って、威嚇さえしなければ、向かってくることは少なく、しゅるしゅると去っていきます。レイジも「赤ヘビ。噛まれるとヤバイ。でもこれはまだこども。そっと逃げて!ヤバイヤバイ!はやく逃げて!」とユフさんに注意していたらしいです。えらいなぁ、レイジ!

(今回、掲載した写真のほとんどはユフさんからお借りしたものです。ユフさん、どうもありがとう!)

Extra

プロフィール

まめったい農園

Author:まめったい農園
静岡県下田市。
無農薬・無化学肥料で有機野菜を育てています。採りたてやさいの宅配もやってます!
 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31